1674069_l.jpg

内視鏡検査/日帰り手術

 

内視鏡検査

装飾

内視鏡検査で早期病変を発見

大腸がん検診で、便潜血が陽性であれば二次検査(大腸カメラ検査)を行いますが、早期大腸がんや大腸ポリープでは、便潜血が陰性となる場合もあります。

大腸がんは早期であればほぼ治ります。

検査室
胃部内視鏡・大腸内視鏡

極めて苦痛の少ない内視鏡検査を実施しております。

ご希望であれば、鎮静剤をご使用しての内視鏡も可能です。

上部消化管内視鏡検査(食道・胃・十二指腸内視鏡)

経口内視鏡(口から入れる内視鏡)を使用し、食道・胃・十二指腸に発生した潰瘍、炎症、腫瘍、ポリープなどを診断するために行います。

大腸内視鏡検査

内視鏡検査
内視鏡

大腸がん検診で、便潜血が陽性であれば大腸カメラを行いますが、早期大腸がんや大腸ポリープでは、しばしば便潜血が陰性となる場合があります。また、ときには進行大腸がんでも便潜血が陰性となる場合があります。

陰性であっても、気になる症状はご相談ください。

大腸がんは早期であればほぼ治ります。

40歳以上の方は症状が無くても、年に1回は胃の検査、2~3年に1回は大腸の検査を受けて頂く事をお勧めいたします。

当院では早期がん発見に有用なNBI(狭帯域光観察)システムを用いた内視鏡検査・治療が可能と​なっております。

腹痛、胃痛、下腹部痛、腹部膨満感、腹部不快感、腹部違和感、胸焼け、吐き気、食欲不振等、気になる症状がありましたら、些細な事でもかまいませんので、いつでもお気軽にご相談ください。

NBIは血液中のヘモグロビンに吸収されやすい狭帯域化された2つの波長(青色光:390〜445nm/緑色光:530〜550nm)の光で照らして観察するため、ごく小さな早期がんが発見できる。オリンパス社が開発した新しいシステムです。

 

日帰り手術

装飾
3626334_l.jpg
日帰り内視鏡的ポリープ切除術

従来手術が必要だったポリープ・早期癌も、身体に負担の少ない内視鏡治療により切除が可能です。

胃と医師

​■ 内視鏡的ポリープ切除術

ポリープや早期癌の切除手術が日帰りで可能です。

​■ 内視鏡的大腸ポリープ切除術

大腸ポリープや早期癌の切除手術が日帰りで可能です。

内視鏡検査で見つかった胃ポリープはまずは組織検査をします。

良性や細胞異型を伴わないポリープは切除の必要はありません。

どの場所にどのようなポリープがいくつあるのかを見極めたうえで、本当に切除の必要があるポリープのみを切除します。

大腸ポリープは1回の検査で、手術まで行います。

大きさ、形によっては入院治療が必要となる場合がありますので、その際は適切な医療機関をご紹介いたします。

​切除は電気メスで焼いたり、切ったりする手術です。特に痛みは感じません。

「​ピロリ菌検査・除去」

ピロリ菌は胃炎や消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)の原因となることがあります。

2013年より、ピロリ菌による慢性胃炎がある方への除菌治療が保険適用になりました。

胃カメラでピロリ菌による胃炎が疑われた場合は、呼気検査等にてピロリ菌の有無を調べ、ピロリ菌が検出された方は保険適用で除菌治療を受けることができます。

ピロリ菌
 

検査機器

装飾
マルチスライスCT
CTスキャナー

最新の被爆低減機能を搭載しているため患者様に安心して受けて頂くことができます。

またCTによる「バーチャルな大腸検査」が可能で、患者様に苦痛のない検査を受けて頂けます。